付属品は準備してる?購入した時と同じ状態で査定に出そう!

付属品とは何を指しているのか?

ハンドバッグや時計などのブランド品を、買取店に持って行こうと考えたとします。その時にホームページなどに、付属品があればより高価買取しますと書いていることが少なくありません。実はこの付属品とは何を指しているのか、今ひとつ理解できていない人がいます。平たく言えば、購入した時にあったものすべてが付属品になるのです。具体的にはハンドバッグの取り外し可能なストラップや、腕時計のベルトのコマ、箱や保存用の袋などです。他にも買った際にもらったレシートやタグといったものも付属品に含まれます。それから洋服の場合、裾や袖の長さを調整した時に布が余ることがあり、これも付属品として扱われることが多いため残しておきたいです。

付属品にも例外があります

付属品はないよりもあった方が、断然査定をする際には高評価を得やすいです。ただし同じ付属品でも例外があるので、頭に入れておくと良いでしょう。中でも汚れが酷いものは要注意です。タグやレシート、商品が入っていた箱にジュースや水をこぼすと、シミになることがあります。そのまま査定に出してしまうと、付属品が揃っていないものよりも買取金額が下がることがあるのです。理由は付属品が汚れていると、商品を大切に扱っていない持ち主だという印象を与えてしまいかねないからです。特に雑に扱われた商品は、買取った後に故障が見つかることがあるため、修理代がかかることを想定してあらかじめ安く買い叩かれます。そのためあまりにも汚れが酷いなら、付属品は持ち込まない方が良いです。

金買取を利用する場合、金の買取り相場をこまめにチェックしておくといいでしょう。金は価格が変動しやすいため、買取り相場が高い時を狙って買取りを依頼することも重要なテクニックです。

トップに戻る